::鈴鹿サーキットにて『墨のF1イラスト展』開催決定!!

まず、知恩院個展、多数ご来場の御礼。

この度は関西初の個展開催だったのですが
(鈴鹿は関西ではないそうなので。。。)
京都からだけでなく遠くからもたくさんの方に来ていただき
とても嬉しくありがたく感じております。
ありがとうございました。

京都に持っていったRacingOn「モータースポーツ墨画カレンダー2008」
10日間で売り切れました。
ありがとうございます。


で、話かわって
11/17(土)、18(日)
鈴鹿サーキットにて『墨のF1イラスト展』開催が決定しました。
(今年は鈴鹿でF1が開催されなかったので、
鈴鹿でのイラスト展もないものと思っていたのですが。。。)

京都までは行けなかったけど、鈴鹿なら行ける、という方
是非お越しください。
場所はグランドスタンド裏のグランプリスクエアです。
「2009年 F1日本グランプリ in 鈴鹿 再開記念イベント」
の一環として行われます。
http://www.mobilityland.co.jp/f-nippon_rd9/event/event11.html

基本的には知恩院で展示した作品を鈴鹿に運びますが
展示作品はF1関係だけになります。
でも、知恩院で出さなかった新作もちょっと出しますよ~~。

僕も現地に行く予定ですので、
見かけたらお気軽に声をかけてください。

::京都個展終了~。

10/29(月)

祇園のホテルをチェックアウト。
八坂神社をお参りしつつ、知恩院和順会館へ。

20071029215332.jpg

(撤収完了した会場)


1年に一度だけ公開されるけど、普段は非公開という三門の上に登らせていただきました。
江戸幕府二代将軍徳川秀忠公が建てさせたという三門はとにかくデカイ!
京で江戸の将軍の威光を知らしめるためにもデカイ必要があったのでしょう。

上には釈迦牟尼佛の像が安置されていますが、内部の撮影は禁じられてますので
外の眺望のみ。
200710292153322.jpg

大文字焼きの「大」の字まで見える眺めの良さ。
目の前の建物が展示会場のあった和順会館。


続いて、これまた一般公開ではない奥の間にも入れていただきました。
「雪景の間」に通していただき抹茶をご馳走になり、
国宝級の襖絵をたくさん見せていただきました。

次回の機会があったらF1襖絵挑戦かな。。。
F1屏風もいいねぇ。。。

ホテルに戻り荷物を受け取り、
もっと観光仏閣めぐりがしたかったけど、
東寺までは行ってみたんだけど、
なんだかドっと疲れを感じてしまったので、
昼過ぎに新幹線に乗って、東京に帰りました。

お疲れさまでした。
たくさんのご来場、本当にありがとうございました。

休む間もなく、11月の鈴鹿に向けて、新作を描かないとねぇ。。。

::知恩院個展10日目(最終日)

20071029215245.jpg



最終日の10/28(日)は快晴~。

泊まりが宿坊ではなく祇園のホテルだったので、朝のお務めはなしですが、
例によって御影堂にて朝のご挨拶だけはして、
10:00、ギャラリーオープン。
ついに最終日、名残惜しいですなぁ~。

盛況でした。
オープンの10時から終了の18時まで、
途切れることなく来場者が続きました。
前日のように一時的に集中して混乱するようなことはなかったけど、
途切れないのでトイレにも行けず立ちっぱなし。

カレンダーは最終日だけで40部も売れて、
京都に持って来た110部全部売り切れ~。

終了間際に汗をかきかき「間に合った~」という方が来たので
「どちらから?」と聞いたら「愛媛から」というので
撤収の手伝いに来てくれた皆一同びっくり。

他にも今朝10時頃、ウェブの告知記事に気づいて
最終日なのでびっくりして東京から新幹線で慌てて来たという方もいて
こっちもびっくり。

ホンと、たくさんの方に来ていただき嬉しいかぎりです。

初の関西個展、最終日は大盛況で幕を閉じました。
知恩院さんからはまたやりましょうよと言っていただきました。

最後のお客さんが帰られたら即撤収。
たくさん方にお手伝いに来てもらえたので、撤収作業は2時間で完了。

会期中に4回も通ってくれたイタリアンシェフがお勤めのお店に行き、
軽~く打ち上げ。

今夜も同じく祇園のホテルに投宿。

::ワルシャワ初日、知恩院9日目

20071028084249


今朝も5時半の館内放送で起床、朝のお務めです。
小雨の中、御影堂に向かいましたが、
湿度が高いせいか晴天の日の出前よりは冷え込みません。
本日のお務めは1時間45分コースでした。

知恩院個展9日目。小雨が降ったり止んだりの土曜日。
10時のオープンとともにマイルドセブンルノーのブルゾンを着た方来場。
本日の一番乗り。

続いて、東京在住の琢磨ファンの知人。
タイミング良く大阪に出張中で今日はオフなので京都観光兼ねて。
彼から、僕のBAR006オーストラリアGPの作品のプリントが
作者不明で出品されて落札されたことを知りました。
う~ん、そのプリントの出所が判らない。
ちゃんとした品質のものではなくて、何かからの複写模造品だったら嫌だなぁ。
僕のサインが入っていたらしいけど。。。

午前中は土曜のわりにはもう一つな感じでしたが、
午後2時頃から急激に来場者が増えはじめ、2時間で100人以上という集中大盛況。
お手伝いの方がいてくれたから良かったものの、
受付とカレンダーやカードの販売などでやや混乱。
来場の方とろくにお話できなかったです。

20071028084248


夜は京都オフ会。
居酒屋で飲んで食べて語らっていると携帯にワルシャワのYOさんからメールが。
『墨のF1ブース、大盛況状態。かなり注目と関心をもたれている』とのこと。
ポーランドではクビサの活躍でF1への注目が高いらしい。
特にドライバー似顔絵は異様にウケているらしい。
持って行ったライコネンのフェラーリのカードは1時間で半分なくなったそうだ。
それは困った。

今夜は祇園のホテル、明日はいよいよ最終日です。

::京都個展8日目

20071027002508


秋の京都は本当にいいですね~。
何か良い気に包まれているような気がします。

京都と言っても、昼間は個展会場の和順会館と知恩院の御影堂に行くくらいで、
夜は1人で、または友だちと四条河原町や三条あたりをウロウロしたり美味しいものを食べたり。
でも何だかいい気分です。楽しい気分です。
夏頃から最近まで悩まされていた耳の不調も治まったみたい。
まじで京都、鈴鹿、隔年開催を現実化したい感じです。


さて、鈴鹿といえば、今年はF1日本グランプリがなかったので、
三年続いた鈴鹿での墨のF1イラスト展も開催されないはずでした。

ところが、来月11月中旬、鈴鹿で墨のF1イラスト展開催が決定しました。
昨日、鈴鹿サーキットのスタッフの方に知恩院まで来ていただき、打ち合わせをしました。


お寺の宿坊だからネット環境がありませんので確認できませんが、
近々鈴鹿サーキットのサイトで告知が出ると思います。

で、8日目。初日と同じ雨の金曜日。地元での告知が後手後手になっていたのですが、
ようやく口コミなどもあってか、徐々に来場者が増えてます。
同じ雨の金曜日でも来場者数は先週の倍です。

今日の特筆すべきは、アメリカ人観光客が何故か多かったこと。
どこから来ましたか?と聞くと、フロリダ、コロラド、ユーエスエーなどなど。

セナが好きだから障子を売ってくれ、というアメリカ人も。
アメリカではさほど人気のない、といわれているF1なのに。。。

早速昨夜のラジオを聴いて来てくれた方も。

2度目、3度目という人も。
京都に原画があるうちに、できるだけ見ておきたいんだそうです。
ありがたいことですね~。

明日は早朝お務め、夜は京都オフ会です。

ワルシャワのYOさんは元気かな~?

::知恩院7日目

20071025233304
今夜は宿坊が団体で満員で、近所の旅館です。

今日は地元エフエム京都、ムーンライト・ウォークという番組のパーソナリティ、辻野さんという方が観に来てくれました。昨年鈴鹿F1のピットウォークでピエールさんと一緒に場内放送をしたり、鈴鹿でも活躍している方です。
今日の放送で、墨のF1展を紹介していただけるそうだ。

60代くらいの外国人観光客の女性が話かけてきた。私はスペイン人です。すぐにわかりました。アロンソの作品についてだなって。アロンソのルノーを1点だけ架けているんです。私の息子が大ファンなのです。アロンソのポストカードはないの? ごめんなさい、ないのです。
とても残念そうに去っていかれました。なんだか申し訳ない感じ。

先週末、連日仕事中抜けで来てくれたイタリアンのシェフ、今日は手土産にってビザを差し入れてくれた。昼を食べてなかったので、ありがたく頂戴しました。

::今季のお気に入り作品

今シーズンもたくさんのマシンを描いてきましたが、
一番のお気に入りは、実はコレ!

GTイメージ


はい、そうです。
Super GTですね。

わかる人が見れば、どの車種か一目瞭然。
できるだけ少ない線で表現してみました。

::ワルシャワ~ン

ポーランドのワルシャワで行われる、
国際親善ジャパンウィークに参加するために、
本日10/25、中部国際空港セントレアから
僕ではなくてYOさんが飛び立った。。。

ことの起こりは、今年の7月末のこと。
毎日毎日信じられないくらい暑い毎日、
カレンダーのための作品制作と
アムラックスでのイラスト展のための新作制作などで
ほとんどグロッキー状態だったワタクシに
「ワルシャワに行きませんか?」というお誘いが。。。

「ワルシャワって。。。どこだっけ?
ソビエト?」

「ポーランドですよ。」
「で、何しに?」
「ジャパンウィークという国際文化交流です。
そこに墨のF1、参加しませんか?」
「あ、なんかいいねぇ。ポーランドに行けちゃうのね、
いいねぇ、いいねぇ」
「じゃぁ、前向きに話を進めますね」

しばらく経つと連絡が
「スミマセン、例年11月なんですが、
今年は10月最後の週末なんです。。。」

「あ~ダメだよ~、知恩院での個展の後半と
モロかぶってるよ~」
「ですよねぇ。。。」
「残念ですが~」

「でも、せっかくの機会なので、作品だけでも送れませんか?」
「作品だけでもいいの? だったらそれでもいいですけど」

しばらくすると連絡が
「やはり国際交流なので、タルイさんご本人でなくても
誰か代理の人に行ってもらわないとダメだそうです。」
「代理といってもねぇ。。。」

ある日「YOさん、僕、ワルシャワに文化交流に行きたいんで、
知恩院の個展の後半、YOさんにお任せできないかなぁ。。。」
「いやですよ~、僕がワルシャワに行ってきますから
タルイさんは京都に行ってくださいよ。」
「えっ!ホント! YOさんワルシャワに行ってくれるの?
じゃ、YOさんに決定~。」

かくして、YOさんがワルシャワでクールビューティーと
国際交流してくることになりました!(笑)

主だった作品は原画でなく複製画で、
8月に横浜港に送付、船便で運ばれて行きました。

ポーランドかぁ~、いいなぁ~。。。
自腹の旅行じゃ行かないところだし~。

YOさん、ご無事で、お気をつけて!


ポーランド初のF1ドライバー
ロバート・クビカ(クビサ?)
クビカ

::再び京都入り

20071025090233

月火水と東京に戻り、バタバタと用事や仕事を済ませ、
新宿発の高速夜行バスに乗り、木曜早朝京都到着。
本日より会期最終日まで知恩院会場におりますので、
ご来場の方はお気軽に声をおかけください。

それにしても夜行バス、時々利用してて、わりと寝られるんだけど、
今回は二階最後尾の席。異様に揺れるのには参ったです。
発車してすぐ寝られたんだけど、へんな夢をま見ました。
全身がガタガタ異様に振動する病気になった夢。
救急車を呼んでくれって動揺していたら、
YOさんが出てきて「大丈夫ですから」と励まされた。
で、目が覚めたら揺れるバスの中でした。

途中で前の方の席に変えてもらおうかと思ったけど、
あいにく満席でした。
で、その後も揺れる中、グゥグゥ寝続けました。

京都に着いて朝風呂に入ったのでスッキリ。
今日から最終日まで頑張りま~す。

::2007シーズンのハイライト!

というわけで、F1グランプリ2007シーズンが終了しました。
早いものですなぁ~。。。

あとは大いに気になるストーブリーグ。
なかなか確かな情報が入ってきません。



さて、自分にとってのというか、日本のF1ファンにとって、
今季のハイライトはこれでしょう。

SA07カナダ


作品のタイトルは『オーバーテイク!』
2007年モントリオール Canada GP でのSuper Aguri SA07/Takuma Sato

あろうことか、現役チャンピオンにして今年最速マシンである
マクラーレンのフェルナンド・アロンソを
2年目の弱小チームのスーパーアグリの佐藤琢磨がブチ抜いたシーン。
現地では地鳴りのような歓声がおこったそうです。

原画は現在京都知恩院和順会館でのイラスト展にて公開中。
京雅を震撼させております(ウソ)
(この作品はカレンダーに掲載されております。ホント)



さて、京都個展4日目10/22(月)無事終了したようです。。。

"ようです"って他人事のようにいうのは、
じつは僕は今東京にいて本日は会場にいませんでした。
(僕をお尋ねの方、申し訳ない)


聞くところによると今日は昼過ぎに少し動きがあったものの
あとは閑散としていたようです。。
京都といえども、普通に平日は難しいのかなぁ?


ちょっと遅くなりましたが知恩院の公式サイトでも告知が出ました、
http://www.chion-in.or.jp/


ホント、秋の京都はイイッスよ~。
恒例にしたいくらいです。
鈴鹿と京都の隔年開催ってどうでしょう?(笑)
賛成の方は拍手を。。。

::京都個展3日目も盛況 10/21(土)

サム~ッ、
今朝も5:30に起床を告げる館内放送。
昨日より明らかに冷え冷えの京都の朝。
急速に秋が深まっていくのを感じます。

本日も朝のお務めに参加。
念仏を唱え、導師さまのお経を聴き、
祖先を供養しお焼香。
そして講話を拝聴。

とにかく、本堂の中は何故か冷え込む。
寒い、寒い、モジモジクネクネ、じっと座っていられない。
1時間半経ったところで限界、あと30分は無理、
と思っていたら今朝は1時間半コースで終了。

何故、強制でもないのに、朝のお務めに出るのか。。。

それは、知恩院の施設を使わせていただいていて
宿坊に泊まらせていただいている以上、
当然、すべき礼儀というか務めではないかと思うからです。


07-3日目1


今日も晴れ!、いい天気です。

10:00、ギャラリーをオープンするとすぐに
一人の男性が。。。
初めてお会いする方ではない、と思ったので、
「お会いしたことありますよね?」
「ええ、新宿の個展の時」

思い出したました。
琢磨のBAR 006の原画があれば欲しい、と言っていた方でした。
006は琢磨くんが表彰台を含め、たくさんポイントをゲットしたマシン。
BAR 006は大きいの3点を含む6点描いたですが、
全て手元にありません。
それだけあの年のマシンは人気が高かったのです。

「えっ、じゃぁ東京からいらしたのですか?
どこかでお泊まりで?」
「いえいえ、朝一番の新幹線で。
用事があるから2時の新幹線で帰ります」

うわぁ~、わざわざこの個展を観に東京から。。。
何人か東京から観に来てくれるって話は聞いてますが、
皆、せっかくだから季節も良いので
京都観光も兼ねて、であるので、
僕の個展だけのために、とはありがたい。。。

(心の中で合掌)

アムラックスで見た時いいなぁって思ったんだよね~、と
SA07の新作、原画をお買い上げ。

ありがたくって(心の中で合掌)



さて、天気の良い日曜日ってことで、
たくさん来てくれることを期待してたのですが、
午前中はさっぱり。。。

昼頃、60才くらいの外国人夫婦の観光客が。
作品を見て回っているうちに

「オゥ~、ケイシーストーナー!!」
ストーナーのバイクを描いた作品を見つけて激しく喜んでいる様子。

どこから来ましたか?と片言の英語で聞いてみたら、
「オーストラリア!」

なるほど、ケイシーはオーストラリア人なのです。
だから同じ国の若きヒーローの絵を日本で見つけて
喜んでいたのですね。
ポストカードを2枚買ってくれました。

07-3日目3



午後1時~3時に集中的に盛況で、
結局、昨日土曜日の来場者数を超えました。

別の外国人観光客、二人組、
似顔絵コーナーで、「バリチェロ、フフフ」
「クルサード、フフフ」と笑っているのが聞こえてきました。

夕方になるとパタっとお客が途絶え、
会期中最初の日曜日はこれにてフィニッシュ。

07-3日目2

::2007 ワールドチャンピオン

2007年F1ワールドチャンピオン決定!!

Scuderia Ferrari Marlboro/キミ・ライコネン Kimi Raikkonen


もし、そうなったらスゲ~かも~って思っていた、
ライコネン、まさかの逆転チャンピオン!

ハミルトンが7位以下、アロンソが3位以下、
ライコネンが優勝という形なのだから
今までのマクラーレンの2人を考えたら
まさかの逆転と言って差し支えないだろう。

久し振りに最終戦まで三つ巴のチャンピオンシップって
記憶にないくらい久し振りでスリリングでした。
1986年のマンセル、ピケに対してプロストの逆転王者獲得を思い出します。


先月決定した2輪最高峰Moto GPのチャンピオン

DUCATI CORSE TEAM/ケイシー・ストーナCasey Stoner

こちらは序盤から連勝と、大きなリードを保ちチャンピオン。


キミ&ストーナー72


奇しくも今季4輪と2輪の最高峰を制したのは
イタリア国籍のチーム。

そしてマールボロがメインスポンサー。

真っ赤なマシン。


(※原画は知恩院和順会館で展示公開中です。)

::まずまず盛況、2日目10/20(土)

20071020233350



知恩院和順会館での個展、2日目。

20071020233349


昨日同様、朝5時半、起床を告げる館内放送。

今日こそはお務めに参加するのだ~。
5時50分、和順会館を出発。
まだ暗い日の出直前、ゾロゾロと数十人が階段を登り御影堂へ。

6時過ぎより念仏を唱える。

南無阿弥陀
南無阿弥陀

やがて導師さま登場。

お経を唱え、先祖を供養し、お焼香。

もちろん正しい作法は教えてもらえます。

また念仏を唱えて、講話を聴き、たっぷり2時間コース。

すみません、本堂の中は寒いです。。。

目をつむり手を合わせ、念仏を唱えているうちに
意識がなくなっていたのは内緒だ(滝汗)

御影堂の外に出てみると、すっかり明るくなっていました。

今日は晴れ!

朝日に向かって念仏。


10時、ギャラリーオープンの準備をしていると、もう待っている人が。

午前中は特に盛況。昼間でに昨日1日分の倍の来場者数。
午後夕方近くに途絶える時間があったけど、まずまずの盛況。

熱狂的な琢磨ファンで自らの息子を琢磨と名付けたご夫婦が二組も。。。

このブログでも紹介したトムスの公式オンラインショップで
SC430複製画を買ってくれたというトヨタ・ファンの方。

ホンダの元社員で、現アドバイザーの方。

もちろんクルマ好きのお坊さんも。

セナの絵の前で座り込んでしまったセナ・ファンの方。

今日は地元京都の方が多かった。滋賀県、奈良県も。
なぜか大阪からは少ないような。

昨日も仕事の中抜けで来てくれた方が今日も仕事を抜けて。
今日はシェフのかっこのまま自転車を飛ばして来てくれました。
聞けばイタリアンのお店で働いているそうです。

今夜の夕食決定!!

せっかく京都に来てるのにイタリアン?
と思わないでもないが、これも何かの縁。

縁は大事にしたいです。
いくつもの偶然のような、じつは縁によって結ばれて
京都知恩院さんでF1のイラスト展がおこなわれているのですから

イタリアン美味しかったです。サービスしてもらったし。
ありがとうございました。
ご馳走さまでした。

明日は日曜日

::京都個展初日10/19(金)


やぁ~っほぉ~、華頂山ですよぉぉぉぉ~~!


京都知恩院和順会館ギャラリーでの個展初日。

20071019225302



初めて宿坊に泊めていただきましたが、全く快適。
久しぶりに爆睡いたしました。

気になっていたのは門限が11時であることと。。。

そして、朝5時半に大音量で起床時間を告げる館内放送。。。

みんなで本堂である御影堂に行って朝のお務めをするんだそうです。
参加は強制ではないので、寝不足が続いた上に前夜は貫徹だったので、
体調を考えて初日のお務めは辞退。
そのまま朝食時間まで再度爆睡。

個展初日はあいにくの雨。

雨の京都は風情があって、
和順会館の正面にそびえ立つ三門は荘厳です。

ですが、ギャラリー終日閑散としてました。

ただ、そんな中でもF1速報を見た、観戦塾を見た、携帯サイトでの告知を見たなど、
この個展を目的に来てくれた方がそれなりに来ていただけたので、
そういう方はしっかり見てくれるから、ギャラリー滞在時間も長く、
初対面なのにF1などの話を語りあってしまうので、
一人ヒマで退屈で困る、ということはなかったです。

ただ、通りがかりの人があまり入ってこない、ということ。


さて、記念すべき京都個展初日の最初の来場者は。。。

僧侶の方でした。

60代くらいの徳を積んだ感じの方。

「何故、墨でF1を描くのか?」

という御質問。

説明申し上げると、納得されたようで、

「興味深い発想ですね」と言って去っていかれました。

鈴鹿でも観ましたよ、という方、
昨年の鈴鹿では混み過ぎで行けなかった、という方。
仕事の中抜けで来てくれた方。

じつは浄土宗のお寺の方もいらしたですね。
ここで修行をしたからここの事は詳しいとか。

土日は休めない仕事なので、生のレースが見れないという方。


今日は地元京都の方より何故か滋賀県から来た方が多かったような。。。

修学旅行のグループ行動と思われる女子高生三人組、イェ~イ。


今夜は一緒に遊んでくれる人がいないので、
18:00ギャラリーを閉めた後は一人で雨の四条河原町界隈をブラブラ。

早寝をして明日は朝のお務めに参加するつもり。

雨の中、ライトアップされていた三門。
20071019225301







::京都個展、搬入設営完了


結局、今回も搬入前夜は貫徹です。
しかも今回は仮眠も全くなし。

20071018205757


送るのが間に合わなかった作品を持参できるように梱包し、
作品につけるキャプションを作り、旅支度を整えたら朝でした。

朝8時半頃東京発の新幹線だったので、結局一睡もできず、
混雑している通勤電車にかさばる荷物を持ち込んで、
冷たい視線を浴びながら東京駅到着、新幹線のぞみに乗りました。

品川を出たあたりから、いきなり意識が落ち、気がついたら静岡駅通過中~。

今日の東海道はまずまずの良い天気で、
じつは特急鉄ちゃんのワタクシとしてはじつにもったいない。


昼前に会場である知恩院、和順会館に到着。

20071018205759


とにかく眠いを通り越してへんな感じ。
自分も極端な寝不足だけど、鈴鹿のイラスト展と同様、

今回も設営の陣頭指揮を執るYOさんも極端な寝不足。

関西在住のF1ファン、琢磨ファンの協力を得て、
なんとか夕方6時過ぎに会場完成。

何だかまるで鈴鹿の時と同じだ。


さて、今夜からの3泊は知恩院の宿坊に泊めていただきます。
個展をやりながら仏道で精神修養しようって寸法だ。

というはウソで、会場から最も近い宿ってことなのです。。。(爆)

ほんと眠いので風呂入って寝ます。

個展前半は宿坊で精神修養、後半は祇園の宿でトンチンシャンだ。(ウソぴょん)

20071018205800


明日からです。





::脇阪寿一とアンドレ・ロッテラー、TEAM TOM'S

TEAM TOMS公式オンラインショップがオープンしました。

http://shop-toyota-team-toms.com/


チームトムス関連で、他では手に入りにくいレアな商品が並んでいます。

僕の描いた昨年のSGTチャンピオンカーの複製画も販売されています。

http://shop-toyota-team-toms.com/shopdetail/003000000001/

で、どこが他では手に入りにくいのかというと

『脇阪寿一とアンドレ・ロッテラーの直筆サイン入り』
『限定36枚』

そして

『ドライバーの直筆サインと36枚限定生産を証明するカーボンプレート付き』
なのです。

カーボンファイバーだよ~~。
ワタクシ、ビックリしたよ~。

さすがレーシングチーム!

::「Formula Web」でポストカードプレゼント

いつもレアなF1ニュースを素早く配信している「Formula Web」が
http://www.formula-web.jp/


リニューアル企画のプレゼントコーナーで
琢磨選手のサイン入り写真などをプレゼントしてます。
http://www.formula-web.jp/present/

一緒に僕のイラストポストカード(かなりレア)もプレゼント中です。
ポストカード

応募受付は10/30まで。
ふるってご応募ください。

::Moto GP チャンピオン

久し振りに新作アップ。

DUCATI CORSE TEAM/ケーシー・ストーナー Casey Stoner

07ストーナー


先月、ツインリンクもてぎで開催されたMoto GP日本グランプリにおいて、
ストーナーがロッシ(5度世界チャンピオン獲得)に先着し、
2007年度Moto GPクラスの世界チャンピオン獲得を決めた。

このレース、決勝日だけですが、もてぎまで観に行ったです。
雨が降ったり止んだり、路面が濡れたり乾いたり、
タイヤ選択と戦略が難しいコンディションで、
タイヤ交換(マシン交換)があり、荒れたレースとなりましたが、
ランク1位のストーナーが同2位のロッシより先着してゴールしたため
最終戦を待たずしてチャンピオンが決まりました。
弱冠21才の新王者誕生です。
また、ブリヂストン・タイヤにとっても
Moto GP参戦6年目にして初のタイトル獲得です。

この作品の複製画がブリヂストン広報の方を通して、
ケーシー・ストーナー選手に贈られました。
都合により決勝レース終了後、すぐに帰路につかなければならず、
絵が贈られる場に立会うことができませんでした。。。残念。。。

原画は10/19~10/28知恩院 和順会館にて展示します。




とても残念で悲しくて信じられない出来事。

昨夜10/7、WGP 500ccクラス通算3勝の日本人ライダー、
ノリック(阿部典史 Norihumi Abe)が亡くなった。

世界選手権の最高クラスで通算3勝もしてる現役ライダーが
公道で交通事故にあい死亡するなんて
信じられない、あってはならないこと。。。

だって、ノリックは天才の中でも天才なんだもん。

通算3勝のうちの1勝は生で観戦できました。
表彰台にあがる日の丸と君が代。
世界選手権で聴く君が代。


合掌。







::知恩院拝観~


大阪の会場入りは午後なので、午前中は知恩院の中をゆっくり拝観。

まず、本日の京都、暑いんですけど~。まだ夏です。
晩夏です。

知恩院、広いです。
墨のF1イラスト展をやらせていただく和順会館は三門の前。その三門がデカい。木造建築世界最大級だそうです。

三門をくぐって、石段を登ると御影堂。デカいです。
200710051221284


除夜の鐘で有名な大鐘楼。デカいです。

200710051221282



阿弥陀堂、方丈庭園、友禅園を見せていただき、徒歩で四条河原町へ。

20071005122128



阪急電車で梅田に向かってます。

イラスト展が門前を汚すようなことにならぬよう、しっかりやらないとー、と身が引き締まりますなぁ。

::京都です。

20071004204608
打ち合わせのため京都に来てます。
展示の概要が決まりました。

先斗町で食事してます。先斗町なんて生まれて初めて来ました。

舞子は~ん!

な~んて、舞子はんはいません。

でも、こんなところで食事して、おあいそは大丈夫なのかな~。

明日は大阪でライブです。20年以上バンドやってますが、大阪でライブやるのは初めてです。

メイン