::レース終了

INDY JAPAN 決勝レース、終了しました。

イラスト展の会場、コレクションホールも18時30分で閉館。
おかげさまでレース終了後のコレクションホールはかなりの人で賑わってました。

レースの方は、この絵のマシン、セブンイレブン・カラーのアンドレッティ・グリーン・レーシング、トニー・カナーンが優勝。


t_kanaan



トニーは2004年にシリーズチャンピオンになってますが、もてぎは参戦10年目にして初優勝。
日本でも人気のあるドライバーだし、ファイナルラップまでダン・ウェル丼との接近戦で逃げ切ったので、スタンドも大いに盛り上がりました。

ただ、日本期待の松浦選手がスタート直後の2ターンでクラッシュしちゃったのが非常に残念。ちょうど2ターンの観客席で見てたので、目の前でした。
もてぎでは毎年観戦していますが、目の前の壁でクラッシュっていうのははじめての経験。
しかも、毎年描かせてもらっているので、誰?と迷うこともない目に焼き付いてるカラーリングのマシン。皮肉なもんです。
来月は伝統のINDY 500もあるし、それ以降もレースは続くので、気を取り直してがんばってほしいです。

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL