::Ayrton Senna & Alain Prost

個展4日目、無事終了。

今日はいろいろやることがたまっていたので、
個展会場にはいない日、としていましたが、
お昼頃、ポストカードの追加を持って顔を出して来ました。

今日も良い天気でしたね~。

東京ガス・ショールームと隣接の新宿パークタワーでは
「クラフト・マーケット」という
手作りの物を販売するイベントを行っていて、
僕のイラスト展はそのイベントの一環、
同時開催ということになってます。

で、「クラフト・マーケット」ではスタンプラリーをやっていて
イラスト展の会場の近くにもスタンプのポイントがあるので
スタンプラリーに参加する人は、
イラスト展の会場前まで来なければいけないって寸法です。

今日は「クラフト・マーケット」を見てみようと思い、
会場を回ってきました。
たくさんの出展者が思い思いの手作り商品(作品)を並べていて
とても興味深かったですよ。
万華鏡がとても良かったけど、手を出すにはチト高かったなぁ。
新聞紙で作った恐竜が精巧に作られていて良かったです。


さて、表題のアイルトン・セナとアラン・プロストです。

セナプロ


鈴鹿のF1日本GPでも展示したのがこの「セナプロ」です。

セナとプロストがものすご~く仲が悪かったのは
F1ファンにとっては有名な話。
二人とも尋常ではない勝利へのこだわり、負けず嫌い、
そして、ライバル意識。

恐らく故意であろうという接触が複数回。
しかも接触でチャンピオン決定、というレースが2度ほどあったかと。。。

僕が思うに、そんな仲の極上に悪かった二人ですが、
一番にお互いを理解しあっていたのもこの二人に違い無く、
だから、二人が現役を引退したら一番の理解者
大の仲良しになるんじゃないかな~って思ってました。
でも、セナの死によって現世ではそれはかなわず。

そのような気持を込めて描いたのがこの作品。
日本GPの後、二人が浴衣で仲良くくつろいでる図です。


セナが亡くなって10数年。
セナの大ファンで、いまだにプロストは憎き相手って思ってる方
少なくないみたいですね。

この作品を見たうえで
「セナだけの作品はないのですか?
セナ単独の絵があれば買いたいんだけど」

というお問合せって珍しくはないです。。。。


描こうかな。。。

ちなみにマンセルは要りませんか?







メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL