::スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

::Honda Thanks Day & TOYOTA TMSF

かれこれ1ヶ月も前の話になりますが~。。。

11/23ツインリンクもてぎHonda Thanks Day、あ~んど、
11/25富士スピードウェイTOYOTA MotorSports Festival
に行ってきました~~。


●11/23ツインリンクもてぎ『Honda Thanks Day』
ホンダレーシングの2輪4輪の主要ライダー、ドライバー総出演によるイベント。
4輪ファンにとっては2輪(例えばトライアルの妙技とか)のデモランが、
2輪ファンにとってはF1などの迫力ある走行が見れる貴重な機会。

07htd_ra272
RA272のデモラン。ドライバーは中嶋悟
1965年、ホンダがF1で初勝利を挙げたマシン。

Honda Thanks DayもTOYOTA TMSFも
歴史的名車が実走するのを間近で見れるのでありがたいです。
実際、例のカレンダーにも過去の両イベントを取材した時の
資料を元に描いた作品が3点ほど掲載されてます。

07htd_ra301
RA301  ドライバー鈴木亜久里


htd琢磨


htdバトン


アグリクルー

鈴鹿でのSAF1☆ARTAフェスタで知り合いになったクルーと再会。
すっかり意気投合。
でも、このイベントの後、SAF1は大幅なリストラがあったみたいですが、
彼らはチームに残っているのかなぁ。。。


バトン&琢磨
メインイベントのひとつ、
HRF1 RA107ジェンソンとSuper Aguri SA07琢磨によるデモラン。
オーバルコースでの超高速な模擬バトルはスレスレで追い抜いたり抜かれたり、
かなりの迫力と緊張感が! 
これ本気じゃないの!(シーズン中の遺恨もあるかもしれないし。。。汗)
デモランでクラッシュしちゃったらたいへんだよ~
と思わす余計な老婆心からドキドキ。
バトンのドーナツターンにIndyCar武藤選手が突っ込みそうになったのは
マジで、本人もドキドキの打ち合わせになかった出来事だったらしい。。。汗~

オーバルコースでは相当にスピードが出ます。



●11/25富士スピードウェイ『TMSF』
トヨタ系チーム所属のF1、Super GT主要ドライバー総出演。

ロッテラーf1
じつはこの写真はイベント前日。当日のゲスト、トゥルーリの代わりに
Super GTのアンドレロッテラー(Andre Lotterer)がドライブした貴重なショット。
ロッテラーは01年英国F3において佐藤琢磨選手の手強いライバルであり、
ジャガーF1(現レッドブルレーシング)のテストドライバーでした。
今季はTEAM TOM'SよりFニッポンとSuper GTに出場。
TEAM TOM'S プリント販売中<限定版>
TEAM TOM'S プリント販売中<廉価版>

今年はD1のデモ走行の妙技に目をひかれました。
モータースポーツで唯一(?)の採点競技。
速さやタイムではなく豪快なドリフトテクニックを競います。

with ヤルノ
ヤルノ・トゥルーリ(JARNO TRULLI)
9月お台場にて、ヤルノに複製画が贈られましたが、
残念ながら当日MotoGPに行っててその場に立ち会うことができませんでした。
「あの時の絵の作者ですよ」と紹介していただき、ようやくご対面~。
ヤルノの言ってることがよくわかりませんでしたが
とりあえず絵はとても気に入ってくれてるみたい。
ポストカードも喜んで貰ってくれました。。。
(ヤルノ~、貰うばかりでなく原画を買ってくれてもいいんですよぉ~)
原画のほうは、9月アムラックス→10月京都知恩院→11月鈴鹿サーキット、
と巡回して多くの皆さんに見ていただきました。



with カムイ
小林可夢偉(Kamui Kobayashi)
カムイ2

9月アムラックス東京でのイラスト展で展示した小林カムイ選手のイラスト(縮小プリント)をご本人にプレゼント。例によって受領のサインを。。。

カムイ選手は今季ユーロF3に出場、
来季はGP2出場とトヨタF1のサードドライバー。

ちょっと聞いた話によると(だから不確かな情報)
カムイ選手は特別に裕福ではない普通の家庭に育ち
子供の頃、中古のカートでもレースに勝ってしまう、
しかも素人メカニックのお父さんが
タイヤを前後着け間違えてたりしても、勝ってしまったこともあるんだそうだ。
そんな鮮烈な速さが認められ、TDPの支援を受けれるようになり、
いよいよF1に手が届くところまでやってきた、そんな選手だそうです。
カートといえどもメジャーなレースでは
資金のかかる良いマシンでないとなかなか勝てるものではない、
と聞いてますので、痛快なエピソードですね。


with 一貴
中嶋一貴(Kazuki Nakajima)

ご存知、日本のF1パイオニア中嶋悟氏の長男。
今季はGP2でレースを闘い、
ウィリアムズF1チームのサードドライバーを務めました。

一貴選手とは、彼が04、05年、全日本F3に出場していた時、
TEAM TOM'Sの方から紹介していただき、ちょっと面識がありました。
2年前とはずいぶん印象が変わっていましたねぇ。
なんかすっかり立派になっちゃって~。
記者会見での受け応えもそつがなくしっかりしていて発言が明瞭。
頭脳明晰なんだろうなぁという感じがします。
来年から名門ウィリアムズのレギュラーですからねぇ、
ユーロF3やGP2での実績から時期尚早の声も多々あったけど、
これなら名門チームに対して気後れなくやってくれそうです。

来年、琢磨選手の乗るSuper Aguriがウィリアムズに負けないマシンなら、
世界中で琢磨VS一貴、アグリVSウィリアムズの好きバトルが演じられ
ホンダとトヨタの代理戦争となって
日本のF1が大いに盛り上がるんですけどね~。

タルイ工房

ちなみにアムラックス東京でのイラスト展で展示されたTDP三人衆。
TDP三人衆
平手晃平(Kohei Hirate)/中嶋一貴(Kazuki Nakajima)/小林可夢偉(Kamui Kobayashi)




メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。