::スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

::ブラジル・イベント前半終了

7/12(土)、13(日) 鈴鹿サーキット遊園地
「ジャポン - ブラジル カーニバル 2008」
「ブラジリアン・ドライバー展」
とりあえず前半、無事終了。

梅雨だと思っていたら、土日ともピーカン
とにかく暑かった~。
すっかり夏!!

墨のF1 at Suzuka ブラジル01

展示作品は、
マシンの絵 7点、ドライバー似顔絵5点
計12点。

ピケ、セナ、バリチェロ、マッサなど100%ブラジリアン。

後半は7/19(土)、20(日) 、21(月祝)
同じく鈴鹿サーキット遊園地、ジョイフル広場特設会場。


マクラーレンMP4/4_ウィリアムズFW11B

奥が1987年、ネルソン・ピケがワールドチャンピオンを獲得した
Williams Honda FW11B
手前が1988年、アイルトン・セナがワールドチャンピオンを獲得した
McLaren Honda MP4/4
この頃のマシンってシンプルでかっこいい。
それにしてもでっかくてゴッツいリアウィング、
ホンダターボの超高馬力エンジンで、空気抵抗も何もかも
根こそぎ持ってってしまう感じだ。

7/12、13はサーキットでFポン第5戦開催、
ジョイフル広場は遊園地の正面ゲートからサーキットへの通り道。
しかも往年のチャンピオンカー、ピケのFW11BとセナのMP4/4が飾られてるとあって、
たくさんのお客さんがブースに立ち寄ってくれた。

墨のF1 at Suzuka ブラジル02

マシンの絵だけでなく似顔絵もあると和むよね、と広く好評いただいている似顔絵。
今回はブラジリアン・ドライバーを5点ほど。

上段左から、ピケ(1990)、セナ(1988)、バリチェロ(2008)、
下段左からカナーン(INDY 2004)、マッサ(2008)

ブラジリアンはF1をはじめ多くのカテゴリーで多くのドライバーが活躍している。
人選の基準は鈴鹿でF1日本GPが初開催された1987年以降、
優勝経験のあるドライバーに絞ってみた。
すると、ピケ、セナ、バリチェロ、マッサの4人に絞られた。
カナーンは04年に北米最高峰IRL INDY CAR シリーズで
チャンピオンを獲った年に描いたのがあったので。
カナーンは昨年Fポン最終戦鈴鹿でスポット参戦もしている。
またO4年のINDY CARシリーズチャンピオンは
確かホンダにとってINDYでの初タイトルだったと思う。


ロニークインタレッリ_0807
フォーミュラ・ニッポン決勝の数時間前、セルモ・インギングのピットを訪問してみると
昼食中のロニー・クインタレッリ選手が気さくに応対してくれた。
ロニーは04年、当時全日本F3選手権でトップチームとはいえなかったインギングF3チームで、
2位に大量得点差をつけて見事チャンピオンを獲得した実力派。
04年から注目しているドライバー。
今年はFポンとSuper GTに参戦している。


タルイ工房

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。