::スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

::【新作】F1バトル

F1_ライコネンVSハミルトン

鈴鹿墨、進誠堂"凛"を用いて描いた。
F1の超接近バトル。

ホントにこんなに接近したらクラッシュしちゃうけど、あくまでイメージ画。

でも実際、今年の日本グランプリのスタート直後のルイス・ハミルトンは
こんな感じでしたよね。(インとアウトが逆だけど。)
無謀だ、危ないって非難ゴウゴウなルイスのライン変更。
(ペナルティ喰いましたね。)
僕はまず、スゲ~、さすがF1ドライバーって感じてしまいました。
コバライネンなんか、信じられない神業でハミルトンのライン変更を
絶妙な動きで避けてましたし。
ハミルトンも、周りは一流のF1ドライバーなんだから
これくらい避けれるだろ、って見切って走ってるような気がしますね。

原画は通常の額装して、11/1~9 知恩院でのイラスト展にて公開する予定。

鈴鹿墨とは

タルイ工房

メイン

コメント

::
ドライバー同士がお互いを意識しあいながらの
バトルなイメージが印象的です。
ルイスがもう少し大人のドライバーなら
いいバトルがこれからも生まれますよね。
まだまだ成長中ということでしょうか。

コメント

::
かむな猫さん
お互いを目視しながらの接近戦。
ルイスのファンからの評判は芳しくないですが、
彼の才能に対してのレース関係者の評価は高いです。
2位でもいい、ポイント狙いでいくって言っておきながら
スタートでライコネンに前にいかれちゃったら
カ~ッとなっちゃったみたいですね。
まだまだ成長中なんでしょう、きっと。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。