::Takuma Club カート・イベント

8/15、オートパラダイス御殿場で開催されたTakuma Club主催の カートイベント
『Takuma Club Karting 2009』に参加してきました。

09Takuma_Club_Kart01

今回は、イベントのお手伝いとか取材とかじゃなくて、
ただただカートに乗ってみたくての一般参加です。


京都祇園、六本木F1 CAFEでの作品展の連続も無事終了したので、
個人的には「お疲れ~>自分」という気分転換な感じでイベント参加。

佐藤琢磨選手が、
モータースポーツの楽しさをより広く深く理解してもらおう、という趣旨で
昨年開催して、今年で2回目の参加型イベント。

会場付近が渋滞で、やや遅刻。。。

09Takuma_Club_Kart02

イベントの司会はお馴染み川崎かおりさん。
まず琢磨選手より挨拶。
「今日は皆さんが主役です!」だそうです。

この日の琢磨選手は全セッション、2人乗りのカートで
抽選で当たったファンを乗せて、ず~っと同乗走行し続けるとのこと。

その後、カート場イベントスタッフさんからルール説明など。

20台のカート、それぞれに5人づつ。総勢100名が参加。
その他に、見学応援のファンが300人。全部で400人の琢磨ファンが御殿場に集結。

各チーム、Aドライバーがカート経験者。
以下B~Eまで、1チーム5人編成。
ちなみに僕は13号車のDドライバー。
事務局が決めて振り分けた、当日初めて会う急造チームのメンバー。
13号車で知り合いは一人だけ、後は初めて会う人たち。
お互い名前も知らず、早速走行順など作戦打ち合せ。

13号車のエースドライバーは小柄な女性。
Bドライバーも多少カート経験者のようで、いろいろアドバイスをしてくれた。
唯一知り合いのCドライバーはこの日の昼間、ここでのカート大会に参加してたので
コースのことを良く知っていて、いろいろアドバイスをしてくれた。
フリー走行で前車を煽ったり、初心者とは思えぬ生意気な走り。
Eドライバーは終始静かな人で、セナのカラーリングのヘルメット持参が印象的。

とりあえず、本格的レーシングカート経験者はいないようなので、
耐久レースはみんなで楽しめるよう、均等に交代して走行しようということに。

まず、琢磨選手先導で練習走行。
3周くらいしたんだっけ?

続いて各ドライバー4分間のフリー走行。

以上で練習走行終了。
これだけだと、アクセルやブレーキの感覚が馴染めない。
スタッフで来ていたサンダル王子にカートのコツを聞くと、
「思ったより行けますよ~」って。。。オーイ。

このままで50分間の耐久レースですか~。。。
果たして初心者に抜いたり抜かれたり、無事レースができるのでありましょうか?


09Takuma_Club_Kart04

Aドライバーの中には本格的にレーシングカートに参戦中の本格的に速い選手もいたりします。
レンタルカートとはいえ、初心者から見れば恐ろしくスピードが出るマシンです。

09Takuma_Club_Kart03

おっかなびっくりアクセル踏んでる13号車のDドライバー(笑)

長い直線の後の1コーナーなど「アクセル戻しただけでブレーキ踏まなくても曲がれるよ」
とアドバイスされたものの、ちょっとだけブレーキを踏んでしまうチキンハートな私です。
高速のコーナーは自分が思ってる以上にグリップします。
(このへんがサンダル王子の言うところ、「思ったより行けますよ」なのかな?)
ステアリングにしがみついてないと身体が吹っ飛んでしまいそう。
逆にヘアピンなど低速コーナーはスピンするカートが多かったです。


09Takuma_Club_Kart05 垂井ひろし

最初、長袖Tシャツ1枚だったのですが、御殿場の夕方以降はかなり涼しくなってきて
「2009 SUZUKA墨ぐらんぷりTシャツ」を上から着用。
同じTシャツを着てる素晴らしい人を3名ほど確認(喜~)。

13号車のスタートドライバーはエースドライバーに決定。
結局A~Eの順番に走ることに。

20台が一斉にスタート。全車獰猛に1コーナー突入。凄い迫力、コワ~ッ!
奇跡的に接触やクラッシュもなく2コーナー、3コーナーへ。
ヘアピンでは何台か接触やスピン発生。
我が13号車のエースも接触、スピンで大きく後退。
でもその後どんどん乗れきてる感じでガンガン追い上げ。

途中、順位も周回数もわからないけど、4番目Dドライバーのワタシの順番。
無我夢中でアクセル踏んで、20数年間モータスポーツを見てきた机上の理屈を
思い出しながら走ってると、徐々に前車に追いついていく。
そして狙いすましたようにコーナーで追い抜き!
素晴らしい、人生初のオーバーテイク!
これは実に気持良いのでありました。
続いてまた前車に追いついてきたので
またまた絵に描いたようなオーバ-テイク! 素晴らしい!

案外できるじゃないかと自賛しながら鼻歌まじりに走っていると
気持良かったのは最初の3、4分だけの話で
5分も経つとライン取りもブレーキングポイントも
アクセルオンのタイミングもバラバラに崩壊。。。
あっという間に抜かれていくのであります。
次々抜かれて、じつに惨めな感じ。。。
二人乗りの琢磨車にもかる~くかわされました。。。

ウォールでチームメイトがドライバー交代のサイン。
気分はボクシングでセコンドからタオルを投げ込まれた感じ。。。
もう手首も痛くて、ヨレヨレになりながらピットイン、Eドライバーに交代。

やはり体力必要だなぁ~と実感。
フォーミュラ・ドライバーのスゴさの一端を知ったような気がします。

09Takuma_Club_Kart06

琢磨選手のフラッグで歓喜のチェッカー! 10号車が優勝。
10号車のメンバー、本気で喜んでいて羨ましい。

大きなクラッシュやケガ人もなく無事イベント終了~。


疲れたけど充実感いっぱい。
なんだかんだいいつつも、実に楽しかったのでありました。
いつも見るだけのモータースポーツだけど、
やはり何事も自分でやってみないといけませんなぁ。
テレビ見ていて、ミスしたドライバーを馬鹿呼ばわりしてはいけません(笑)

09Takuma_Club_Kart07 13号車

13号車のメンバー記念写真。
夜のイベントだったので、余韻を楽しむ間もなく帰路につきましたが、
機会がありましたらまたお会いしましょう!

(写真協力:kacchan)

メイン

コメント

::enjoy kart
楽しかったですね~

まさかタルイさんが普通の参加者で来ているとは思いませんでした。

参加型イベントということで、僕も楽しみました。

琢磨選手のカートよりも自分のチームの行方のほうが気になってたのは言うまでもありませんっ

コメント

::Re.enjoy kart
ゆうさん、
全く普通に一般参加でしたので、
顔見知りのメディア関係者さんから
いちいち「えっ? 走るの?」「あれ?出るの?」みたいに
言われちゃうんで
かなり恥ずかしかったです。
遅いし~。

でも、楽しかったですね~、ホント。

コメント

::
タルイさんお疲れ様でした!
ナントまさか同じチームなんて、ビックリしました(@o@)!!

颯爽と1コーナーへ突っ込んでいくタルイさん、格好良かったですよ!

当日、私は朝から走りっ放しだったので最後はヘトヘトで、翌朝は全身筋肉痛でした!(笑)
でも、また来月新東京へ走りに行く予定です!(爆)

また、どこかでKARTやりたいですネ(^O^)/

コメント

::
パンダさん
先日はお疲れさまでした。楽しかったですね。
そういえばギロッポンのライブイベントにも来ていただきましたね。
ありがとうございました。

1コーナーへは、どうしてもちょっとブレーキを踏んでしまいました。
5分くらいの走行をあと数回できれば
もう少しマトモに走れたかなぁと思います。
またやりたいですね~~。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL