::『鈴鹿の駿風_ライダーもなか』発進!

鈴鹿の和菓子屋「とらや勝月」さんの

『鈴鹿の駿風_ライダーもなか』です。

鈴鹿の駿風_ライダーもなか

詳しくは以下。

今から50年ほど昔、
鈴鹿の街に"サーキット"なるものができるよ、ということで
鈴鹿の和菓子屋「とらや勝月」の先代店主が
オートバイの形をした最中を作りましたとさ。

「三重乃華」と名付けられた、そのオートバイの最中は
いつしか通称「サーキット最中」と呼ばれ
鈴鹿の街で長年愛されるお菓子となったとさ。

2代目店主は考えました。
そろそろパッケージも一新したいし、
名前に"鈴鹿"の文字も入れたい。

そこでリニューアルすることにしました。

で、たいへん光栄なことにワタクシ垂井ひろしにご依頼がありました。

最中を包む小袋、箱に掛ける掛け紙、そして包装紙の
イラストとデザインをさせていただきました。


包装紙です。

ライダーもなか 包装紙

4種類の江戸時代漫画風なイラストが散りばめられています。

古くは東海道と伊勢街道の往来があり、
伊勢型紙や鈴鹿墨といった伝統工芸品もある
歴史のある古い街、鈴鹿。
また、最新テクノロジーの結晶ともいわれる
F1などモータースポーツの街でもある鈴鹿。
伝統と最新が混在し融合する鈴鹿を
ちょっとユーモラスに表現してみました。

ネーミングにはモータージャーナリストや詩人の先輩や友人の
お智恵を拝借し、店主と相談して、できた新しい名前は
『鈴鹿の駿風 ライダーもなか』

文字は鈴鹿地元の若手女流書家、香華さん

包装紙と掛け紙は刷り上がりました。
小袋も今月末には出来上がってきます。
『ライダーもなか』発進です!


※10/7(金)SUZUCOMI広場(フレスポ鈴鹿内)で開催される
『鈴鹿日本グランプリ地元前夜祭』会場にて1コ¥100お試し販売します。

鈴鹿地元前夜祭

スレッドテーマ:バイク:車・バイク

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL