::2012 Honda モータースポーツ活動計画発表会

2012hondaモータースポーツ計画発表会

2012年2月3日(金)東京青山において
Honda モータースポーツ活動計画発表会が行われました。

以下に写真をいくつかアップします。



今季Super GT シリーズ GT500クラスに投入されるHonda HSV-010 GT

2012 Honda HSV

8号車 ARTA
ラルフ・ファーマンが復帰、小林崇志が残留、
武藤英紀はGT300クラスに参戦する、M-TECとの共同プロジェクト、
ハイブリッドシステムを搭載したCR-Zの開発ドライバーに。

17号車 ケーヒン リアル レーシング
昨年と同じ、金石年弘、塚越広大のコンビ

18号車 ウイダーホンダレーシング
小暮卓史と、デュパルの後がまはカルロ・ヴァン・ダムを抜擢。
全日本F3チャンピオンを獲得している。

32号車 エプソン・ナカジマ・レーシング
今年も道上龍と中山友貴のコンビ

100号車 チームクニミツ
今年も伊沢拓也と山本部長のコンビ

2012hondaモータースポーツ計画発表会


Indy Carシリーズ3年目の参戦となる佐藤琢磨は

2012hondaモータースポーツ計画発表会

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング
RAHAL LETTERMAN LANIGAN Racing
からIndyCarシリーズにフル参戦。カーナンバーは「15」
(ちなみに2004年、バディ・ライスがINDY500を制した時のチーム、カーナンバーです。)

ちょっと驚きだったのは、フォーミュラ・ニッポンにスポット参戦することが
合わせて発表されたこと。
今年はINDY JAPANがないので、日本のファンの前でレースしたいという琢磨本人の想いと、
開催側の思惑が一致したのではないかと思われます。
参戦するチーム、レースは決まり次第発表。


全日本選手権フォーミュラ・ニッポンのHondaエンジン搭載チームは4チーム、6台

HP リアル レーシング  金石年弘

チーム無限  山本部長

ナカジマレーシング  中嶋大祐、小暮卓史

DOCOMO チーム・ダンディライアン  伊沢拓也、塚越広大


その他、WTCCへの参戦決定も発表されました。
参戦マシンは新型シビック、10月鈴鹿での日本ラウンドからの参戦、
2013年のフル参戦を目指すとのこと。


FIM ロードレース世界選手権

2012hondaモータースポーツ計画発表会

Moto GPクラス、ワークスチーム「レプソルホンダ」は
昨年のチャンピオン、ケーシー・ストーナーとダニ・ペドロサ
サテライトは2チーム2名。
Moto GPクラスには計4台を送り出す。


日本初登場! NSXコンセプト
将来はSuper GT参戦のベース車両になるそうです。

2012hondaモータースポーツ計画発表会

2012 NSXコンセプト

2012 NSXコンセプト

1月、アメリカで発表されたので、その画像を見て、
1月15日、東京オートサロンの墨画ライブでも早速描いてみましたが、
やっぱ間近で見る実車はいいですね~~。



2012hondaモータースポーツ計画発表会

若手漫才コンビではありませんよん。。。

スレッドテーマ:モータースポーツ:車・バイク

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL