::スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

::世界最速の女性 ダニカ

世界のいかなるスポーツも、たいがい男女別で競い合います。
オリンピック種目はたぶん全てそうだと思うし、
野球、サッカー、格闘技、ゴルフなど、
たいがいのプロスポーツは男女一緒に競い合ったりはしません。

それは男女差別ということではなく、
男性と女性には歴然とした体力差がある、ということなんだと思います。

陸上競技だと判りやすいですね。

いかに全盛期の高橋尚子が速かったとはいえ、
彼女のベストタイム2時間19分台。
このタイムで男子だと、メダルはおろか、
オリンピック出場のための選考会レースすら危ういです。


さて、モータースポーツの世界でも
最高峰レースは男性ドライバーばかりです。
別に女性が参加してはいけない、という決まりはありません。

かつて、女性ドライバーが何人かF1に挑戦しましたが
成功したためしがないのです。
フォーミュラのレースに女性は通用しないってことではなく、
世界の他のスポーツ種目と同じように
男女一緒に競い合うのは無理なんだ、と思ってました。

ところが。。。

2005年、IRL INDY CARシリーズに女性ドライバーがデビュー。

ダニカ・パトリック
ダニカ写真


INDY シリーズに女性がフル参戦するのは2人目ですが、
ダニカはいきなり初年度から活躍しちゃったんですな。

07ダニカ

新作です。



ダニカ・パトリック
身長155cm
25才

大柄なアメリカ人チーム・クルーに囲まれると
ほんと、子どもみたいです。

予選でのポールポジションは
デビューイヤーの2005年に3回も記録しています。

2005年、2006年、2シーズン参戦して
まだ優勝はないものの、
決勝最高位は4位を4回記録しています。

昨年のランキングは9位です。

20数名のドライバーが参戦しているので、
トップ10はかなり立派な成績ですよね。

アメリカ人だし、美人だしってことで
INDY CARの本国アメリカでは絶大な人気があります。

今年はアンドレッティ・グリーン・レーシングに移籍、
カーナンバー「7」で闘ってます。

INDY JAPANが楽しみです。

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。